Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Welcome♬
ブログを始めて、2018年で
11年になりました!
FBやインスタも始めたので
更新が遅くなってますが
皆さんの書き込みはとても嬉しく
読んでいますからね♪
いつも応援ありがとう!
過去の日記
HPで2003年から2006年まで
UPした日記です。
時間の許す時、
のんびり読み返してみて☆
☆ここをクリック☆
お仕事情報
近日のお仕事情報と チケット予約フォ-ムは→
☆ここをクリック☆
OFCーR 入会方法
OFC-R (オフィシャルファンクラブーR)は
2018年度を以て
募集終了となりました
私にコンタクトしたい人は
“その他”に用件を入力して
このシートを使ってね⬇️⬇️⬇️
☆ここをクリック☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PARIS旅行記 vol5 (The final!)
0

    画像 139.jpg

    いや〜、長々と引っ張りましたが、ご覧に入れたい写真もこれで最後となりました。
    この旅では結局、王道のフランス風情をお楽しみ頂きましたね。
    だってまずその存在が凄いんだモノ!
    外す訳にはいきませんでした。

    次に訪れられるのは何年後になるでしょうか。
    私の事だから、その時も、また1から始めるかもしれませんね。fufu♪
    きっと飽きもせず、その年毎、その季節毎のフランスを、
    自分のサイズで楽しむに違いないと思います。

    良かったらまた、お付き合いくださいね❤


    では最後は、王道中の王道、ヴェルサイユ宮殿をご案内〜!

    画像 130.jpg

    画像 132.jpg

    画像 131.jpg

    いくつもの豪華絢爛な“間”を通り過ぎてようやく、お目当ての“鏡の間”へ。
    それまでの部屋も、広過ぎて現実感なかったですが、↓ の鏡の間は
    長さ75m、幅10m、高さ12mと、もはや“部屋”では無く“回廊”巨大な廊下です。
    庭園側の窓は17あり、西日が綺麗に入るように設計され、
    反対側の鏡は578枚も使って、金や銀製の装飾がキラキラと輝くよう作られた
    大大大広間でした〜!

    画像 134.jpg

    ここでは毎週のように舞踏会を開き、即位式やヴェルサイユ講和条約なども行ったし、
    現代でも国家元首級のイベントの時は、使用するそうですよ!
    なんだか現実感無さ過ぎだけど、超VIPの為の迎賓館なのは本当です。

    それにしてもみんな感じる疑問。
    当時の暖房はどうしてたんだろう・・・???


    画像 135.jpg

    ↑は、ルイ16世の王妃、マリーアントワネットの寝室。
    「ベルサイユのばら」を読んで育った世代には、現実とマンガの世界が重なって
    ワオッ!ってなります。
    なんて乙女チックな部屋なんでしょう。

    この部屋は33歳まで使っていたようですが、
    暴徒が襲撃して来た時に、間一髪で逃げた小さな扉もここの隅に見つけて、
    彼女から見た革命の恐ろしさがかい間見える、フランスが大きく変化した理由のある
    世界遺産の建造物だった事を改めて実感。
    ただ“綺麗”なだけの感想では済まない訳が、山のようにあります。

    私が散歩した、コンコルド広場もチェイルリー公園もシテ島も、
    マリーアントワネットがヴェルサイユ宮殿から追われた後を過ごし、
    命が終わった場所でもありました。



    画像 138.jpg

    少し重たくなった気分を晴らそうと、宮殿内で休憩できるカフェを探したら、
    街では混んでて入れなかった“アンジェリーナ”の支店があるのを発見!
    念願のモンブランケーキを食せる偶然に、
    ローカル電車に40分も揺られて来た甲斐が、何倍にもなって大喜び♪

    もはや、今回の旅でやり残した事はほとんどない・・・・・


    あとは、ショービジネスの世界に居るからには絶対に見届けたい、
    夜のお楽しみスポットを制覇すれば・・・・・

    いざ!“ムーランルージュ” で、
    パリの満喫度は絶頂へ、GO!!!

    画像 145.jpg

    いや〜〜〜!!!
    ショーが大好きだった原点を思い出す、最高な時間でした(感涙)
    日本でもこんなお店がまた出来ないかなぁ。

    “また”と言うのは、昔1度だけ、老舗と呼ばれていた“コルドンブルー”と言うお店で
    ダンサーをした経験があるのです。
    役者あがりの私は3枚目パート、花形のダンサーは
    白人の綺麗なお姉さん達が、トップレスで踊ってました。
    キラキラとした若かりし頃の、私の歴史の一部ですね(苦笑)


    パリで過ごすラストナイトを、贅沢なエンターテイメントに費やし、
    とにかく歴史も芸術も何もかも、どっぷりと浸かる事が出来ました。
    こんな濃い1週間、しばらく忘れられません!!

    ありがとう!PARIS!!!

    そして、お帰り。
    日本食(笑)

    画像 147.jpg


    PARIS旅行記 これにて終了。

    長々と一緒に旅してくださり、皆様、ありがとうございました☆

    posted by: 斉藤 レイ | 趣味 | 16:36 | comments(3) | trackbacks(0) |
    死ぬまでに一度ムーランルージュを訪れてみたいです。私、ロートレックの絵が大好きです。
    フェルメールの「レースを編む女」、上野の国立西洋美術館で見ました(笑)。北海道から上京したので、私にとっては大移動だったのですけれど。

    レイさんにパリはとても似合っております。素敵でした。
    | hiro | 2012/03/03 11:35 AM |
    はじめまして。
    最近セラミュを見て貴方のことを知り、検索してみたらこのブログにたどり着きました。
    小さい頃に見ていたセーラームーンをふと思い返して、動画サイトで見ているうちにセラミュの魅力に引き込まれてしまいました。
    ミュージカルが終わって大分たちますが、長い年月を経てもなお愛される作品
    またそれに私が出会えたことに感謝しています。

    要するに…セラミュが大好きです(笑)
    因みにセーラースターズと永遠伝説が一番好きです( ´▽`)

    長々失礼しました。
    また遊びにきます♪
    | ゆきと | 2012/03/04 6:10 PM |
    レイさん
    「パリジェンヌ」レイさんのパリ旅行記も最後回!(涙)
    お久しぶりにウ゛ェルサイユ宮殿へ帰郷されて寛げましたか?
    こんな素晴らしい宮殿を一般公開して下さるなんてフランスさんは寛大ですね。
    いつの日か「鏡の間」でOFC−Rのお茶会が出来ると良いなぁ。(笑)
    (その時はアンジェリーナさんのお力を借りちゃいましょう。)
    光り溢れる夜の街、花形ダンサーレイさんの舞を堪能したい!
    (でも刺激が強過ぎますからトップレスは駄目ですよ。)(笑)

    レイさん
    パリ旅行記ありがとうございました。
    又いつの日かパリ旅行気分をご一緒させてくださいね。
    | 横浜の牡馬 | 2012/03/07 12:40 PM |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック